処分が必要になった場合

白いアパート

アパートを所有している場合で、転勤や家族が増えたりといった事情で引っ越しの必要が生じた場合や、換金の必要が出てきた場合、売却の他に賃貸に出すという選択肢もあります。
賃貸というと昔は一度貸してしまうと任意には手許に戻る時期を決められないといった難点がありましたが、現在では定期借家という制度があります。
これを利用すれば、いったん賃貸に出しても自分たちが戻ってくるときには立ち退いてもらうことも可能です。
特に、自己居住用のアパートで、所有しているのが一室だけの場合、売却と賃貸の場合の両方の見積もりを取ってみるのも良いでしょう。
市場環境が売却に良いタイミングであれば売却しても良いですし、そうでなく今後もう少し待てば好転する可能性があるといった場合には、アパート全体が建て替えの時期に来るまで賃貸に出した方がお得なことがあります。
近くに競合するような賃貸用の集合住宅があるか、需要があるかどうかなどを、不動産会社やコンサルタントなどに相談してみるのも良いでしょう。
アパートの築年数が経っている場合には、不動産にかかる固定資産税なども低くなりますし、賃借人がいる建物の場合はさらに評価額が下がります。
また、維持管理費などもアパートでしたら不動産会社に委託してもそれほどかからないこともあります。
また、売却や賃貸以外にも、アパート一棟を所有している場合には、建て替えや更地にして駐車場などを運営するという選択肢もあります。

売却の事を考えて投資をする

不動産投資でよく考えがちなのは「購入した物件を満室稼働して運用すれば儲かる」と思っている人が多いかと思います。
確かにその通りなのですが、どの物件にも抱えている問題点があるのです。
現段階では満室稼働でもあと何年かしたら退去者が続室してしまうような理由があったりとか、近隣に同じようなアパートが建ち家賃競争が始まる可能性があったりとかします。
アパートの稼働率を上げていくための予算も必要になってきます。
設備投資も必要です。
マンションやアパートなどの価値を上げていくのには設備の充実が必要でターゲット層に人気の洗面化粧台や追い焚き機能付バスなども部屋のバランスにあったものを見極める必要性があります。
アパートの運営面でも細かなサービスが大切であると言えます。
不審者防止などによる見回りなどのセキュリティー会社との提携も必要であったりします。
そういった総合的な運営努力があり、あえて満室稼働を維持できたりする物件もあったりします。
その運営費用や売却での売り切りを考えた不動産投資を考えていたほうが、運営によるリスクも含めてよいかと思います。
後々の売却を考えるとマンションやアパートの維持管理費も考えておく必要性があります。
特に気をつけておきたいのが建物の外壁の状況です。
入居を決定する要因の一つとして外観の見た目というのがあります。
売却の時も同じように物件の見た目は大切な要因であるので、その維持管理も売却の事を考えて予算組みするとよいかと思います。

オススメリンク

マンション売却を東京で行うならこちらのサイトを参考にしよう:マンション売却におすすめの不動産会社ガイド 東京編

アパートと野菜市場

複数店に相談しよう

アパートなどの不動産を売却する際には、復数の不動産屋に相談することが重要です。
特に不動産は購入価格も売却価格も高額になりますし、不動産投資などの際にはどれだけ高値で売却するかが利益を上…Read more

関連リンク